NAVI

A journey to know  the real thing

ある時、流行りに流されていたことに気がつき、そこから本物を知る旅が始まった。
流行りに流されず、本物を知り、自分のスタイルを確立していくある男性の物語…

CONCEPT

インスタグラム・ピンタレスト等、ファッションとの親和性の高い
SNSやメディアが多く存在する現在。

そこにある情報には価値がありつつも、多くの情報を整理するだけで精一杯。
気がつけば周りと同じモノを無難に身にまとい、個性を失っていく。
明日の服を悩みながら氾濫する情報に圧倒され1日が終わる。

そんなある時、流行りに流されていたことに気がつき、そこから本物を知る旅が始まった。

これは、世間の評価や流行りに惑わされず、旅の中で出会う本物を知る大人たちとの交流を通して、
本物を知り、自分のスタイルを確立していくある男性の物語。

だから、一時期の流行りで目にする機会が多いだけのブランドに目を向けることはなく
また、世間的な一流という評価を鵜呑みにしないのがこの旅のルール。

全ては、余裕と気品が漂う揺るぎない本物の大人になるために。
今も昔もこれからも、本物は廃れないことを胸に…

COLUMN

不完全の美を楽しむ余裕、それこそが本物の証

不完全の美を楽しむ余裕、それこそが本物の証

第6回はプライベートサロン LECTEURのオーナー五十嵐裕基氏へのインタビュー。
不完全さを愛し楽しむ余裕・・・それは、本物という概念に変化をもたらすきっかけとなる話。

本質を追求する。ただそれに徹するのみ

本質を追求する。ただそれに徹するのみ

第7回は日本が誇る革製品ブランドT・MBHの代表 岡本拓也氏へのインタビュー。
本質を見抜く力と成功に至るまでの考え方・・・それは、これまでの考え方が根本から変わる話。

毎日同じものを着ても毎日違って見えるのが本物

尊敬を持って真似る。それはやがて本物へ

第4回は広告会社に勤務されながら、南三陸町の復興支援団体LOOM NIPPONのPRアドバイザーを務める竹内好文氏へのインタビュー。
真似ることから始まる本物への道・・・それは、決して表面的なことではない奥深い話。

本物とは、ものではなく本質を見抜く目である

本物とは、ものではなく本質を見抜く目である

第5回は認知症診療のスペシャリストとして活躍する医学博士の中野正剛氏へのインタビュー。
一流と本物の違い、本物に対する考え方・・・それは、ファッションにとどまらず、何事にも通じる本質的なもの。

毎日同じものを着ても毎日違って見えるのが本物

毎日同じものを着ても毎日違って見えるのが本物

第2回はセブンフォールド社代表取締役の加賀健二氏へのインタビュー。
長年の経験から行き着いた考え・・・それは、究極にシンプルで深みのあるもの。

Coming Soon

人生をともに歩んだアイテム、それこそが本物

第3回は公認会計士事務所の代表を務める髙田文浩氏へのインタビュー。
ものに対する気持ちと姿勢・・・それは、大切な気持ちを思い出させてくれる貴重な話。

Coming Soon

COLUMN Vol.08 COMING SOON

2019.07公開予定

修羅場を潜り勝つことでしか服は似合わない

修羅場を潜り勝つことでしか本物にはなれない

Mr.feniceのオーナー鎌田一生氏へのインタビュー。修羅場をくぐった経験を通してでてくる言葉・・・それはまさに重みのある本物の大人の話。

Operator information

Operator information

野口哲平。株式会社OpenField 代表取締役社長。
企業サイトやオンラインショッピングサイトを制作するデザイン会社を経営。
自身のファッションの今後を模索するなか、本サイトの企画に至る。
2015年からはじめたインスタグラムのフォローワー数は27,000人以上。

  • Official Instagram
  • Personal Instagram

SPECIAL THANKS

CONTACT